ブログ

オランダ・ハーグ派展 開催中

この記事の投稿者: 八ヶ岳事務所・中村健二

2013年7月18日

先日、山梨県立美術館に行き、開催中の「オランダ・ハーグ派展」を観てきました。
私は年会費5,000円を払って県立の美術館、文学館、博物館、考古博物館に一年間いつでも入場できる「パスポート」を持っていて、実は毎年モトをとっているのですが。
19世紀のフランス・バルビゾン派の所蔵に定評のある当美術館が主催した今回の絵画展は、ミレーやルソーに影響を受けたオランダ・ハーグ派の作品が一堂に会しています。
圧倒的な空と雲、その下に牛や羊たちと生活する人々。机の上の聖書から顔を上げものうげに窓の外の景色を見ている少女。などなど…。
Image
水車が回る200年ほど前の田園の暮らしをどうぞご覧になって見てください。
(8月25日まで開催しています)
八ヶ岳事務所 中村健二

投稿者プロフィール

八ヶ岳事務所・中村健二
八ヶ岳事務所・中村健二(株)ラーバン代表取締役 兼 八ヶ岳事務所所長
静岡県浜松市(旧三ヶ日町)出身
私自身も八ヶ岳南麓に移住し都会で暮らしたままでは得られないたくさんのことを手にしました。山梨峡北地域の8町村が合併、北杜市が誕生し八ヶ岳一帯の物件のことはもちろん、暮らしや気候、何でもお答えいたします。