ブログ

埼玉◆秩父/隠れ家的お店、増えてます!【ふるさと見聞録】

この記事の投稿者: ふるさと情報館・本部スタッフ

2017年8月25日


秩父鉄道の「秩父駅」と西武鉄道の「西武秩父駅」は1.2㎞ほど離れています。大正3年に開業した「秩父駅」に比べると西武秩父駅側は歴史は浅く、今年になって市役所の新庁舎や駅前に新しい温泉施設ができ、新しいランドマークが増えました。以前は秩父農工高校があった場所で、今でも敷地内には当時のラクウショウの大きなシンボルツリーが残っています。


一方、「秩父駅界隈」は「秩父神社」に代表される「秩父夜祭り」の屋台町の中心地区。大きな商家や民家が残り、本町・中町は町条例で「景観形成重点地区」に指定され、古きよき街並みと秩父往還の風情が感じられます。一本路地を入ったところもなかなか味わいがあり、今回ご紹介するお店もその一つ。国道299号の「本町」信号から少し入ったところにある「楽蔵(らくぞう)」のご主人:磯田秀さんです。



民家を改修したランチ向けのうどん・お蕎麦のお店で夫婦2人3脚で切り盛りしてきました。ご主人は元々設計関係の経験があり、お店の改修も自らの手によるもの。そして今回、お店の裏側の3坪ほどのスペースにカウンターだけの鉄板焼き&ジャズバーを内外装ともほぼ一人で作りました。



秩父の裏道横丁の隠れ家、セルフビルドをお考えの方は参考になると思います。
是非バーボン片手にお話を聴いてみては?

================================
うどん・そば 楽蔵
(鉄板焼き&ジャズバー・パラダイスアレイ)

埼玉県秩父市道生町6-8
0494-26-6551
定休日:月曜日・火曜日
================================