ブログ

宮城◆白石蔵王/国の登録有形文化財・豪商の屋敷を楽しむ【ペンション奮闘記】

この記事の投稿者: 白石蔵王駐在/渡辺 和夫

2018年5月21日

蔵王町の隣は、仙台伊達藩の出城があった白石市。その東隣が、町中を阿武隈川がゆったりと流れる丸森町です。那須高原から北上し、太平洋にそそぐ阿武隈川の水量でかつては大いに栄えた水運の町で、いまは農、工、商、それに観光面でもあまり目立たない静かな町です。

ビルなどほとんどない町の中心部に残された古い豪商の屋敷が、いまはこの町のシンボルになっていて観光拠点として渋い人気を集めています。江戸後期から営業していた豪商「齋藤屋」は、昭和25年に七代目で廃業、その広い屋敷と家財一式を町に寄贈。受けた丸森町は代々の当主の名前「理助」から、ここを郷士館「齋理屋敷(さいりやしき)」と名付け公開しています。


※写真はイメージ

国の登録有形文化財として認定された蔵12棟の中には、嘉永元年建築でいまだレストランとして営業中のものもあり、大切に収納されてきた多くのお宝や庭園とともに四季おりおりの風情を楽しませてくれています。江戸、明治、大正、昭和と流れた時代に使われてきた斎藤家七代の家具、農機具、衣装、食器、書画、玩具など、豪商の生活雑器を蔵のひとつひとつをまわりながら見て歩く1時間はとても充実しています。

蔵王に移住して以来、ペンションのお客様を案内してたびたび訪れますが、手入れの行き届く館内や展示に共感を覚えるのは私だけではないようです。若い移住者を歓迎する丸森町の姿勢に水を少しさした東日本大震災は残念でしたが、もう影響はほとんどないようです。(白石蔵王駐在 渡辺 和夫)

丸森町観光案内所「蔵の郷土館齋理屋敷」
http://marumori.jp/spot/sairiyashiki/

=============================================

☆渡辺さんが経営する宮城蔵王・遠刈田温泉郷ペンションそらまめのホームページ
http://www.soramame-p.com/
「ペンションそらまめ」で検索できます。

ペンションそらまめ

投稿者プロフィール

白石蔵王駐在/渡辺 和夫
白石蔵王駐在/渡辺 和夫ふるさと情報館/駐在スタッフ
1937年静岡県沼津市生まれ。定年を機に横浜と八ヶ岳の二地域居住を清算し、平成10年に宮城蔵王に移住「ペンションそらまめ」2代目オーナーに。今は300坪の農園作業が本業と同じくらい?忙しい。蔵王町観光協会会員、蔵王山麓グリーン・ツーリズム交流会会長。