ブログ

山梨◆北杜市/空き家バンクについて~山梨県北杜市との取組み【日々の業務より】

この記事の投稿者: 八ヶ岳事務所・中村健二

2017年1月9日

空き家バンクに関して『月刊ふるさとネットワーク』ではなかなか取り上げる機会がありませんので、本稿ではそれについて書かせていただきます。

akiya

山梨県北杜市にある八ヶ岳事務所では、市役所地域課職員とともに昨年は10件ほどの空き家バンク登録希望者と現地にて打ち合わせさせていただきました。

その結果、市のホームページに登録された空き家に対してご見学を希望される方々を募って現地見学を行い、入居希望者と所有者との面談、地域活動への参加説明を経たのち賃貸借契約に至ります。

地理的条件や賃貸物件の希少性等で見学会は40人ほどに膨れ上がることもあり、入居希望者が複数いらっしゃる場合には所有者とともに頭を悩ますこともあります。

hokutoakiyabank

2013年の都道府県統計によれば全国の空き家は778万戸(別荘を除く)。県民人口が83万人弱の山梨県は空き家率17.22%で全国トップです。その一方、高齢者人口の急激な増加により、一人住まいだったおじいちゃんやおばあちゃんが亡くなった途端、空き家になる住宅が後を絶ちません。そして発生する相続問題

house

北杜市須玉町の小尾や比志といった地区は市内でも特に過疎化が進む地域です。柔らかい秋の日差しの里山に集落が点在し百名山の瑞牆山が現前にそびえ立つのどかな山村ですが、個人的に言えば百年変わらずに時代から取り残されてしまったかのような場所でもあります。

今年の私の抱負はこうしたエリアを活性化すべく都会からの移住者希望者に根付いていただくよう情報発信をしてまいります。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 (八ヶ岳事務所 所長 中村 健二)

=================
人と自然と文化が躍動する環境創造都市
山梨県・北杜市ホームページ
=================

<<関連記事>> 不動産を負動産としないために・・・